日本の英語教育の問題点とは?なぜ文法訳読法は時代遅れと言われるのか?

Pocket

「英語は楽しいなー!」

私が小学校6年生の時に感じた英語への第一印象です

当時はまだ小学校では英語は必修科目となってはいませんでしたが、私の学校では毎月ALT(外国人指導助手)による英語・英会話の授業がありました。

授業と言っても机に座ってじっと受けるものではなく、クラスメートと一緒に英語を使ってゲームやスポーツなどをする本当に楽しくて好きな時間でした。

しかし、中学校に入って正式に1つの教科として英語を学び始めた途端に、英語の授業は他の教科と同じでただのつまらない時間になってしまいました。

なぜだったのでしょうか?

その理由は、日本の英語の授業ではよく見られる光景で、典型的な教授法の1つである文法訳読法にあったのではないかと私は思ます。

そこでこの記事では、日本の英語教育の現状と、授業展開の方法としてよく用いられる文法訳読法の概要とそのメリット・デメリットについて解説します。

日本の英語教育は時代遅れ?

まず皆さんは日本の英語教育の現状についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

実は、一般論として、日本の英語教育は「誤っている」「失敗」「時代遅れ」などと長年にわたって批判されてきました。

そうした状況の中で、小学校での英語の必修化など近年は英語の教育改革が進んでいますが、逆に言うとここにきてようやく改革が始まったというのが日本の英語教育の現状です。

では実際に日本の英語教育はどのように行われているのか皆さんがこれまで受けてきた学校での英語の授業を思い返してみて下さい。

以下のような流れで行われていませんでしたでしょうか?


<先生英語の教科書の本文を音読する or 本文読み上げのリスニングCDを流す

          ↓

<生徒音読 or CD聞きながら教科書の本文を目で追って黙読する

          ↓

<先生本文を一文(もしくは一段落)ごとに黒板に書き写す

          ↓

<生徒> 黒板と同じように本文をノートに書き写す

          ↓

<先生> 一文ずつ文の構造や意味など文法の説明を行い、その後全体を通して和訳をする

          ↓

<生徒先生の説明と和訳をノートに書き留める

          ↓

次の文(段落)へと進み、以後同じ流れで授業が展開されていく


実際に私自身が中学校と高校の合わせて6年間で受けてきた英語の授業は、上記のように先生が文法説明と和訳を繰り返し行い、生徒はひたすらそれを聞いてはノートに書き留めるという流れで行われていました。

こうした授業の展開は日本では典型的であり、これこそが日本の英語教育が失敗や時代遅れと批判される要因となってきました。

文法訳読法とは?

文法訳読法(Grammar Translation Methodとは、文法の教育と訳読の訓練を重視した外国語の教授法のことを指します。

つまり、文法の説明と和訳を中心に授業が展開されてきた日本の英語教育は、まさに文法訳読法であるということです。

文法訳読法の歴史は、中世ヨーロッパにおけるラテン語の教育が始まりです。

当時はラテン語を日常的に話す人はいなかったものの、教養を身に付けるためにはラテン語で書かれた書物を読む必要があるとされていました。

ラテン語の教育が書物の内容を母語で理解することを目的に行われ、話し言葉よりも書き言葉が重視された結果、文法訳読法は文法規則や語形変化を暗記することと、外国語の文を全て母語に翻訳することを特徴とする教授法として用いられるようになりました。

文法訳読法のメリット

英語教育において、文法訳読法の最大のメリットは学習者が英語と日本語の違いが理解しやすいという点が挙げられます。

文法訳読法では文法と語彙の説明が行われたのち、英語の文章は全て日本語に和訳されるため、学習者は文法と語彙の知識を得た状態で英語と日本語を対比させることで違いを一つずつ理解することができます。

これはリーディングはもちろん、日本語を英語に書き起こすライティングのスキルアップにも繋がります。

一方、指導者としては文法説明と和訳を中心に行うという点で、ある意味では教科書や参考書の解説のように授業を展開すれば良いため、指導者は高度な知識やネイティブレベルのスピーキングのスキルは必要とされません。

加えて、この文法訳読法は個人はもちろんのこと大人数に向けて機械的に行うことができるのが特長であり、学校や塾などの大人数を対象として行う教育の場では特に重宝されます。

文法訳読法のデメリット

文法訳読法の最大のデメリットは、学習者の英語のコミュニケーションスキルが向上しないという点です。

リーディングとライティングが中心となる文法訳読法では、学習者が実際に英語を話したり聴いたりしてコミュニケーションを図る機会はほとんどありません。

教科書の英文の音読やリスニング用CDを聴くことはあっても、学習者にとってそれは一方的なものであり、実際に英語を使った言葉のキャッチボールによるコミュニケーションではないためリスニングやスピーキングのスキルは身に付きません。

また、もう一つのデメリットとして、授業が単調になってしまうという点もあります。

上述のようなこれまで多くの学校で行われてきた英語の授業の流れは、学習者にとってはただ説明を聞いているだけのメリハリのない、つまらないものに感じられます。

こうした受け身の授業では学習者は学びの意欲を削がれ、結果的には授業だけでなく英語自体への興味を失うことに繋がりかねません。

まとめ

文法訳読法は学習者にとっても指導者にとっても一長一短の教授法です。

リーディングとライティングのスキルアップが見込める一方で、リスニングとスピーキングは不十分になるという面があるため、実際に英語を使ったコミュニケーションの時間も設けながらバランス良く英語教育は行われなければなりません。

日本の英語教育は、小学校での英語の必修化や中学校・高校での英語の授業におけるオールイングリッシュの導入といった教育改革が近年進められています。

文法訳読法中心の英語の授業からコミュニケーションを重視した授業へと変わってきていますので、英語を正しく楽しく学びながら、頭で理解するだけでなく実際に使える英語を身に付けて頂ければと思います。