英語のリンキングとは?法則やメリットを知って英語の発音練習に生かす!

Pocket

洋画観ているときや洋楽を聞いているときに、「あれ、今の英語なんて言ったんだろう?」と感じた経験は誰しもあるかと思います。

英語のスピードに付いていけなかったり、単語や表現などを知らなかったりで聞き取れないということはよくありますが、それら以外に私たち日本人にとって英語を聞き取りにくくさせているものこそがリンキングです。

 

しかし、リンキングは一般的には学校の授業で学ぶものではないため、この言葉自体を聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、この記事ではリンキングについての基本的な説明を行うとともに、リンキングが起こる法則やそのメリットを解説します。

英語の発音の練習に生かすことのできるような、そして皆さんの英語力をもう一段階レベルアップさせられるようなヒントになればと思いますので、ぜひご参考にして下さい!

リンキングとは?

 

英語におけるリンキング(Linking)とは、2つの英単語が音の連結によって連続して発音される現象を指します。

例えば、私たちが学校の英語の授業で最初に習う挨拶に “Nice to meet you.” がありますが、”meet you” の部分は「ミート ユー」ではなく「ミーチュー」と発音しますよね。

これがリンキング です。

“meet you” の t と y がリンキングし、これら2つの英単語がまるで1つの単語であるかのように連続して発音され、その結果として「ミーチュー」という音になっています。

一つひとつの音をしっかりと発音する日本語を母語とする私たち日本人にとっては、この英語のリンキングという現象を理解することが難しいという側面もあります。

しかしながら、リンキング英語のネイティブスピーカーにとってはごく自然なものであり、彼らは英語を話す際に無意識のうちにリンキングをしていると言っても過言ではありません。

逆に言えば、ネイティブスピーカーのように流暢な英語を話すことを目指すのであれば、リンキングの理解と習得は必要不可欠になってきます。

リンキングが起こる法則

リンキングを理解するためには、まずどのような法則で、どのような時にその現象が起こるのかを知ることが大切です。

そこで、代表的なリンキングが起こる法則・パターンを以下にまとめます。

①子音+母音

最もメジャーなリンキングのパターンで、「子音で終わる単語+母音で始まる単語」の場合にリンキングが起こります。

発音の仕方としては、2つの単語をまるで1つの単語であるかのように連続して発音する形になります。

【例】Good afternoon.  ○「グッダフタヌーン」  ×「グッド アフタヌーン」

   How are you?  ○「ハーワー ユー」  ×「ハウ アー ユー」

②母音+母音

母音で終わる単語+母音で始まる単語」のパターンです。

前の単語の終わりに来る母音の種類によって、発音の仕方が2つのパターンに分かれます。

(1)前の単語の終わりの母音が “a” “i” “e” の場合、後ろの単語の前に “y” の音が入る。

【例】I see an old movie.   ○「シー ヤン」  ×「シー アン」

(2)前の単語の終わりの母音が “o” “u” の場合、後ろの単語の前に “w” の音が入る。

【例】Thank you all.  ○「ユー ウォール」  ×「ユー オール」

③同じもしくは似た子音+子音

「子音で終わる単語+子音で始まる単語」のパターンです。

2つの子音が同じもしくは発音が似ている場合、それらが重なって1つの音として発音されます。

【例】I had a bad day.  ○「バッデイ」  ×「バッド デイ」

   He is a good teacher.  ○「グッティーチャー」  ×「グッド ティーチャー」

リンキングのメリット

様々な法則・パターンで起こるリンキングですが、リンキングを理解することには大きく分けて2つのメリットがあります。

まず1つ目は、スピーキングにおけるメリットです。

英語を話す際には、英語全体のリズムやイントネーションが非常に重要です。

発音が上手くできなかったり、文法が多少間違っていたりしても、流れるようなリズム・イントネーションで話すことができていれば相手に伝わるのが英語です。

ネイティブスピーカーにとってごく自然なルールであるリンキングを理解し、身に付けることによってより相手に伝わる英語が話せるようになり、自信を持ってコミュニケーションを図ることができます。

そして、2つ目はリスニングにおけるメリットです。

私たち日本人が英語のリスニングを苦手とする理由の1つに、リンキングによって聴き慣れない発音になったり、スピードやリズムが急速に変化したりということが挙げられます。

そういう意味では、リンキングの法則・パターンを理解し、知識として持っておくことで英語のリスニングの際にも困惑することなく音を捉えることができるようになります。

まとめ

今回はリンキングについて解説しました。

実際に自分が英語を話す際にリンキングを自然とできるようになったり、相手が話す英語のリンキングを聞き分けたりできるようになるまでにはかなりのトレーニングが必要となります。

しかしながら、リンキングについての知識を持っているかいないかでは、トレーニングの効果や効率が大きく変わってくると思いますので、今回ご紹介したリンキングの代表的な法則・パターンだけでなくその他も含めて勉強に取り組んで頂ければと思います。

そして、最終的にはリンキングを習得し、自身の英語力を今よりもさらにレベルアップさせて下さい!