英語のオーバーラッピングの方法や効果は?シャドーイングとの違い解説!

スポンサーリンク

皆さんはこれまで英語を勉強してきた中で大きな壁に直面したことはありますか?

英語にはリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4つの分野がありますが、人によって得意不得意の分野の違いはある中で、それぞれ自分なりの壁に直面することがあるかと思います。

かくいう私も大きな壁に直面した経験があり、私の場合はそれはリスニングとスピーキングでした。

リスニングとスピーキングには相関関係があります。

まずリスニングを鍛えることで英語の発音やリズム、イントネーションに慣れることができ、スピーキングにおいてそれらを意識することでよりナチュラルに英語を話すことができるようになります。

そこでこの記事では、リスニングとスピーキングを改善したい、英語で流暢にコミュニケーションを取れるようになりたいという方のために、おすすめの勉強法であるオーバーラッピングについて解説をします。

スポンサーリンク

日本人はリスニングとスピーキングが苦手?

オーバーラッピングの前に、まず日本の英語教育について簡単に解説をします。

上述の通り私自身はリスニングとスピーキングの壁に直面したのですが、私と同じように中学校と高校の6年間も英語を勉強したにもかかわらずリスニングとスピーキングが苦手だと感じている方も非常に多いのではないかと思います。

その理由の一つは、日本の英語教育は近年になってようやくコミュニケーションとしての英語力が重視されるようになってきたものの、基本的にはリーディングとライティングが中心の教育であるためです。

学校の英語の授業では、先生が文法説明と和訳を繰り返し行い、生徒はひたすらそれを聞いてはノートに書き留めるという展開が日本では典型的です。

そうした授業では生徒が実際に英語を用いて「話す」「聞く」というコミュニケーションの時間が少なくなり、リスニングとスピーキングのスキルを上げることが難しくなります。

その結果として日本人はリスニングとスピーキングに対して自然と苦手意識を持ってしまい、英語でのコミュニケーションを避けるという悪循環に陥ってしまっているのです。

日本の英語教育については以下の関連記事をぜひご参考にして下さい。

【関連記事】日本の英語教育の問題点とは?小学校必修化やイマージョン教育で変化は?

オーバーラッピングとは?

オーバーラッピング(overlappinng)とは、英語の音声を聞くと同時にその聞こえてきた音声に自身の声を重ねるように英語を発声するトレーニングのことです。

英語の音声に自分の声を重ねることからオーバーラッピングと呼ばれており、リスニングとスピーキングのスキルを同時に鍛えることができます。

準備するもの

オーバーラッピングを行う上で事前に準備するものは以下の3つになります。

1.英語のスクリプト
2.スクリプトに対応する音声教材
3.音声を流すための機器

例えば、スマートフォンやタブレット、あるいはパソコンが1台あれば、それでスクリプトを見ながら音声も流して聞くことができます。

このように、気軽に取り組むことができるというのもオーバーラッピングのメリットの1つです。

オーバーラッピングの方法

オーバーラッピングを行う際は、スクリプトの英文を目で追いながら英語の音声を聞き、それと同時に聞こえてきた音声と同じ発音・リズム・イントネーションでその音声に重ねるように英語を発します。

つまり、「英語を読む」「英語を聞く」「英語を話す」の3つの動作をほぼ同時に行うことになります。

そう考えると難しいように感じられますが、英文を見ながら音声を聞くことは英文を見ない場合と比べると難易度は少し下がるため、これからリスニングとスピーキングを鍛えていくという初級者にとっては取り組みやすいトレーニングであると言えます。

オーバーラッピングでは、英語のスクリプト

オーバーラッピングのポイント

オーバーラッピングを行う際に最も意識すべきポイントは、英語の音声をしっかりと聞いて、それを自分なりに真似をしながら発声することです。

私たち日本人がリスニングとスピーキングを苦手とする要因は、英語特有のリズムやイントネーション、音の連結(リンキング)、抑揚や強弱のつけ方といった日本語との違いにあります。

こうした違いを意識して音声を聞くこと、そしてそれを真似してまるで自分がネイティブスピーカーであるかのように発声することによってオーバーラッピングに慣れることができ、英語特有のリズムやイントネーションを身につけることができます。

また、オーバーラッピングをしている自分の声を録音して聞き直すことも、自分が発音できていないところや音声から外れているところが分かるため参考にすることができます。

加えて、オーバーラッピングを行う際は英語の音声はスクリプト(テキスト)の全文を一通り流して行うのが最も理想的です。

それは文脈や内容によってスピードが速くなったり遅くなったり、あるいは強弱が付けられる場所が変わったりするということがより顕著に感じられるためです。

もし初めのうちで全文を通して行うのが難しく感じる場合は、慣れるまでは一文ずつもしくは短い区切りごとに音声を止めては再び流すという形で行って下さい。

オーバーラッピングは積み重ねが何より大切ですので、最初は少しずつでも確実に英語を聞いて発声するを繰り返していきましょう。

まとめ

今回は、リスニング・スピーキングのおすすめの勉強法であるオーバーラッピングについて解説しました。

オーバーラッピングにおいて、英文を見ながら音声を聞くということは、スクリプト(テキスト)の英文が実際にどのように読み上げられているかを比較しながら英語の音声を聞くことができるということです。

その点、一つひとつ単語の発音や英語特有のイントネーション・リズムが明確に分かるため、英語の勉強を始めたばかりの方にとっても非常に取り組みやすいトレーニングになっています。

オーバーラッピングを通じてリスニングとスピーキングの両方をスキルアップさせ、自信を持って英語でコミュニケーションが取れるようになるために取り組んでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました