留学先はどこにすべき?おすすめの国や選び方のポイントを解説!

Pocket

これから留学を考える方がまず初めに決めなければならないのがその留学先です。

自分が好きな国や地域、学びたい分野のある学校、費用面のメリット etc.

人それぞれ留学先を決めるにあたって重要視するポイントは異なると思いますし、世界中の国や地域の中から最終的に1つの場所を選ぶのは簡単なことではありません。

そこで、この記事では留学先を選択する際に抑えるべき大切なポイントについて、私自身の留学経験を交えながら解説します。

【関連記事】留学は英語力・語学力を向上させる最高の方法!その最大の理由とは?

ポイント① 英語圏の国を選択する

まず1つ目のポイントは、自分が学びたい言語が公用語として用いられている国を留学先として選択することです。

学びたい言語が英語であれば英語圏の国、つまりアメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアなどが留学先の選択肢となります。

英語圏の国へ留学する最大のメリットは、日常生活から常に英語に囲まれた環境に身を置くことができるという点です。

街にあふれるお店の看板や案内は全て英語で書かれていますし、買い物や食事をする際にはネイティブスピーカーである店員と英語でやりとりをします。

このように、学校での勉強以外の時間で自然に英語に触れる時間が長ければ長いほど、英語にどっぷりと浸かった生活に慣れれば慣れるほど、無意識のうちに英語力が格段に上達していきます。

これは英語圏の国にいるからこそ得られるものです。

もちろん、英語圏ではない国や地域、例えばヨーロッパではドイツやフランス、アジアではシンガポールやインドといったところでも英語を学ぶことはできます。

しかし、これらの国にはそれぞれ母国語があり、英語はあくまでも外国語という位置付けであるため、英語圏の国とは異なって街は英語ではなくその母国語が多くを占めていますし、ネイティブスピーカーの数も少ないのが現実です。

そのような観点からも、英語力の向上を第一に考えた留学をする場合はやはり英語圏の国を選択するべきだと私は思っています。

ポイント 日本人がいないところを選択する

2つ目のポイントは、留学先は日本人のいないところ、もしくは少ないところを選択することです。

これは国や地域といった大きなくくりではなく、街や学校などの小さなコミュニティにおいて、周囲に自分と同じ日本人がいない環境に身を置くということです。

ではなぜ日本人がいないところが良いのか、なんとなく想像がつく方もいらっしゃるのではないでしょうか?

理由としては単純で、周囲に自分と同じ日本人がいると、どうしても日本人同士で集まってしまうためです。

特に留学したての頃は、言葉の通じない慣れない土地での生活がストレスになったり、これから先の留学生活のことを考えて不安になったりなど、精神的に不安定になる時があります。

そうした時に自分と同じ日本人が近くにいると、言葉が通じて不安などを共有できることから、非常に安心することができる心強い存在だと感じるでしょう。

しかしながら、これは留学トータルで考えた時には致命的です。

せっかく英語を勉強するために留学に来て、英語漬けの日々を送れるようになったにもかかわらず、日本人と一緒に時間を過ごすことは英語を学ぶチャンスを自ら潰してしまうことになりかねません。

少しくらいであれば、、、せっかく一緒の留学先にいるのだから、、、などと思う気持ちもあるかもしれませんが、そこは英語を勉強するための留学だという自分の信念を強く持って日々を過ごすことが留学の成功に必ず繋がるはずです。

ポイント③ 治安の良いところを選択する

最後に、3つ目のポイントは留学先の街や住む場所は治安の良いところを選択することです。

基本的なことではありますが、安全かつ健康に生活できる環境であるかは最も大切な要素と言っても過言ではありません。

なぜなら、留学とは言っても最も大切なのは自分自身の命であるからです。

日本のように安全な国は外国にはそう多くはありません。

私がイギリスに留学していた時は、学生の街と言われるような比較的栄えた治安の良い街に住んでいましたが、それでもひったくり事件があったり、夜中に何台ものパトカーが走ったりすることもありました。

加えて、国によって日本とは法律が大きく異なる点にも注意が必要です。

アメリカでは護身のための銃の所持が認められていますし、オランダでは合法的にマリファナを使用することができます。

日本では当たり前のことが外国では当たり前でないという意識を持ち、治安など生活に関わることはよく調べた上で総合的に留学先として適しているかの判断をすることが大切です。

まとめ

今回の記事では、留学先を選定するにあたって重要な3つのポイントを解説しました。

これらは全て私自身が留学をした経験からを特に抑えるべきところだと感じた点ですが、それと同じくらい大切なことがもう1点あります。

それは留学生活を楽しむことです。

もちろん、上述した3つのポイントはどれも留学先を選択するにあたって重要な要素ではありますが、留学生活が楽しくなければ勉強にも身が入りません。

私はサッカーが好きなためイギリスを留学先として選択し、サッカーの試合を観戦しに行ったりして息抜きをしながら楽しく留学生活を送ることが出来ました。

留学の主人公は自分であり、自分の趣味や好きなことがある、自分が楽しく過ごせるところであるということも非常に重要な要素です。

留学は長い人生の糧となる非常に有意義な経験となりますので、ぜひ自分に合ったベストな留学先を選択して下さい!