英語の挨拶!友達、初対面、ビジネス、メール、新年などシーン別に紹介!

Pocket

コミュニケーションの基本はなんと言ってもやはり挨拶です。

挨拶をしっかりと交わすことによって、相手に与えるファーストインプレッションが良くなるだけでなく、その後も円滑にコミュニケーションを取ることができます。

しかし、それが日本語ではなく英語となるとどうでしょうか?

何と言えば良いのか分からない、相手にちゃんと意図が伝わるか心配だ、場面や相手ごとの使い分けが難しい etc.

そういう方には、これからこの記事でご紹介するシーン別の様々な英語の挨拶の言葉を覚えて頂き、実際の場面で活用して頂ければと思いますので、ぜひご参考にして下さい!

日常生活での挨拶、友達との挨拶

<基本的な挨拶>

Hello. こんにちは。

Good morning. おはようございます。

Good afternoon. こんにちは。

Good evening. こんばんは。

<元気ですか?>

How are you? (フォーマルな言い方)

How are you doing? (How are you? と同じでフォーマルな言い方)

How’s it going? (久しぶりに会った相手に対しての言い方)

What’s up? (How are you? よりもカジュアルな言い方)

<久しぶり>

It’s been a long time. (この前会ってから長い時間が経った言い方)

Long time no see you. (It’s been a long time. よりもカジュアルな言い方)

How have you been doing? (相手の体調や様子を尋ねる言い方)

別れの挨拶

Goodbye. さようなら。

Have a good day. 良い一日を。

Have a nice weekend. 楽しい週末を過ごしてね。

Let’s keep in touch. 連絡を取り合いましょう。

See you tomorrow. また明日ね。

Take care. 気を付けて。

初対面での挨拶

It’s nice to meet you. 初めまして。

It is such a pleasure to meet you. お目にかかれて光栄です。

Let me introduce myself. 自己紹介をさせて下さい。

May I have your name please? お名前をお伺いしてもよろしいですか?

Where are you from? ご出身はどちらですか?

ビジネスシーンでの挨拶

It is such a pleasure to meet you. お目にかかれて光栄です。

It is always a pleasure doing business with you. 貴殿とお取引するのはいつも喜びです。

May I have your name please? お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?

Do you have an appointment? お約束でございますか?

Here is my business card. これは私の名刺です。

Please accept our sincere apologies. 私どもの心からのお詫びを申し上げたく存じます。

Thank you for visiting our company. 私たちの会社にお越し頂き、ありがとうございました。

Thank you very much for your cooperation. ご協力に感謝致します。

メール・手紙での挨拶

<書き出し>

How are you doing? ご機嫌いかがですか?

How’s everything going? 調子はどう?

It’s been a long time. お久しぶりです。

<特別な日や季節の一言>

Congratulations! おめでとう!

Happy Birthday! お誕生日おめでとう!

Merry Christmas! メリークリスマス!

A Happy New Year! あけましておめでとう!

<最後に付け加える一言>

I’m looking forward to hearing from you. お返事をお待ちしています。

Let’s keep in touch. 連絡を取り合いましょう。

We miss you a lot. あなたに会えなくて、本当に寂しい思いをしています。

<別れの挨拶>

I wish you happiness and success in the future. あなたの未来の幸せと成功を願っています。

Please give my best regards to your family. ご家族の皆様によろしくお伝え下さい。

Please take care of yourself. お身体にお気を付けて。

まとめ

今回の記事では、英語の様々な挨拶や一言を使用するシーン別にご紹介しました。

どのフレーズも基本的なものであり、しっかりと頭の中に入れておけばいざという時に役立つと思いますので、シーンごとに1つずつでも覚えておいて頂ければと思います。

また、ここで今回ご紹介したものはまだまだ一部で全体的な量としても少ないため、今後も随時、挨拶や一言を書き加えて様々な表現をご紹介していきます。

挨拶や一言について、「こういう時は何と言えば良いのだろう?」とお思いになった際には、今後もぜひこのページをご参考にして頂ければ幸いです。