オールイングリッシュとは?英語の授業を英語で行うメリットとデメリットについて

Pocket

皆さんは「オールイングリッシュという言葉を聞いたことがありますか?

オールイングリッシュとは、英語の授業を英語のみで行う指導法のことで、基本的に先生も生徒も授業中は日本語を使うことなく英語のみで授業が展開されます。

そして、こうした「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」というスタイルのオールイングリッシュが近年日本では導入され始めています。

そこで、この記事ではオールイングリッシュが導入されるようになった背景と、そのメリット・デメリットについて解説します。

オールイングリッシュの導入

日本でオールイングリッシュが導入されるようになった背景の一つが、文部科学省が告示する学習指導要領です。

学校が教育課程(カリキュラム)を編成する際の基準となる学習指導要領ですが、高等学校では2009年に、中学校では2017年にそれぞれ告示された外国語の学習指導要領の中に授業は英語で行うことを基本とする」という文言が組み込まれました。

これによって中学校や高等学校でオールイングリッシュが導入されるようになり、現在では半数以上の学校が実際にオールイングリッシュの授業を行なっています。

オールイングリッシュのメリット

①実践的な英語力が身に付く

これまでの学校での英語の授業は、いわゆる「文法訳読法」でした。

教師が文法説明と和訳を繰り返し行い、生徒はそれをノートに書き留める。

こうした文法訳読法は「読み」「書き」のスキルの向上には定評がある一方、「聞く」「話す」については疎かにされているとの批判もありました。

しかし、オールイングリッシュの導入によって生徒が実際に英語を聞いたり話したりする時間が大きく増え、より実践的な英語力を身に付けることができます。

英語は使えば使うほど上達するものであり、学生という早い段階で英語を使う時間を多く持つことができれば、その後の英語力の向上に非常に良い影響を与えます。

②英語を話すということに慣れる

日本人の英語が上達しない理由の一つに、日本人は英語に自信がないために積極的には話さないという点が挙げられます。

実際には英語が話せるレベルであったとしても、自分の中では流暢ではない、苦手であると感じ、英語を話すこと自体を避けてしまうという人も多いと思います。

しかし、オールイングリッシュとして学校の授業の一環で英語を話し、その経験を重ねていくことによって英語を話すということ自体に慣れることができます。

またその中で、生徒はみんな同じようにオールイングリッシュの中で学んでいくため、自分と周りのレベル差を感じることがなく、英語をためらうことなく話す姿勢が身に付きます。

この姿勢を身に付けることさえできれば、英語に対する苦手意識を持つこともなく、実践の中でも英語を使っていくことができます。

③授業が楽しくなる

オールイングリッシュの特徴の1つとして、英語を使うことに焦点を当てているためにペアワークやグループワークを多く行うという点があります。

教師の説明を受動的に聞いているだけの眠くなるような授業とは異なり、こうした活動の中で生徒はより能動的に、かつ友達とおしゃべりをするような感覚で英語を楽しく学ぶことができます。

授業を楽しいと感じると、英語に対しての良い印象やイメージを持つことができ、オールイングリッシュはもちろん基本的な文法の理解や単語の暗記などにおいても良い影響を与えられます。

オールイングリッシュのデメリット

①教師の英語力に左右される

オールイングリッシュでは教師は基本的に英語を使って授業を展開するため、教師の英語力が非常に重要になります。

教師の英語力が高ければ、生徒は教師の英語を聞くだけでもリスニング力の向上や豊富な英語表現を学ぶことができますし、その教師のようになりたいと英語に対するモチベーションが上がる生徒もいることでしょう。

一方で教師の英語力が低ければ、英語が頭になかなか入って来ず、授業そのものがつまらなく感じてモチベーションも上がりません。

教師は自分の英語力を補うためにCDなどの英語音声を流す場合もありますが、音声では授業の流れが途切れ途切れになってしまいあまり効果的とは言えません。

②受験には向いていない

日本では近年、大学入試センター試験(大学入学共通テスト)においてスピーキングテストの導入が検討されるなど、これまでの「読む」「書く」に加えて「聞く」「話す」を合わせた英語の4技能に重きを置くようになってきています。

その点、オールイングリッシュの導入はポジティブな要素ではあるものの、現実的には高校受験、大学受験ともにまだ今のところは文法や和訳の問題が中心となっています。

それゆえに、オールイングリッシュでは実践的な英語力が身に付く反面、受験という面では生徒にとっては不十分で、授業以外に受験対策の勉強が必要になります。

まとめ

オールイングリッシュについて少しでもお分かり頂けましたでしょうか?

「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」というスタイルは、生徒たちにとっては英語力の向上が期待できる非常に良い学習法ですが、受験という大きなイベントに対しては現時点ではまだ良い学習法とは言えません。

このように一長一短があるオールイングリッシュですが、長い目で日本の将来を見据えた時には必ず実践的な英語力は必要になってくると思いますので、受験を含めた日本の英語教育の方針もそのように変わってくることを期待したいと思います。