海外旅行に必要な英語フレーズ!空港やホテルなどでの英会話例をご紹介!

Pocket

海外旅行に行きたい。世界中を一人旅してみたい。

でも英語が話せないし、行くにしても不安でいっぱい。。。

そのような気持ちを持っていらっしゃる方も意外と多いのではないでしょうか?

しかし、実際の海外旅行では、流暢な英語は話せなくてもボディランゲージやカタコトの英語でなんとかコミュニケーションが取れることが多々あります。

加えて、最近では日本語を話すだけでそれを自動的に外国語に変換してくれる自動音声翻訳機やスマートフォンの翻訳アプリがあり、必ずしも英語が話せる必要はないようにも思えます。

ただその上で、自分で英語を話してコミュニケーションを取りたいという方は、必要な場面ごとに代表的なフレーズを覚えておくだけで、スマートに自分の思いや考えを相手に伝えることができます。

この記事では、そういう方のために海外旅行先での英会話のシミュレーションとして、様々な場面ごとに使えるフレーズを紹介しますのでぜひご参考にして下さい!

入国審査にて

<相手> May I see your passport? パスポートを見せて頂けますか?

<自分> Here it is. はい、どうぞ。

<相手> What’s the purpose of your visit? 入国の目的は何ですか?

<自分> Sightseeing. 観光です。

<相手> How long are you staying? どれくらいの期間滞在しますか?

<自分> For a week. 1週間です。

<相手> Where are you staying? どこに滞在しますか?

<自分> At the Hilton Hotel. ヒルトンホテルです。

税関にて

<相手> Do you have your customs declaration form? 税関申告書をお持ちですか?

<自分> Yes. Just a minute, please. はい、少しお待ちください。

<相手> Do you have anything to declare? 申告するものはありますか?

<自分> I have ten bottles of whisky. ウィスキーをボトルで10本持っています。

<相手> Do you have any other baggage? 他に荷物はありますか?

<自分> No, that’s all. いいえ、ありません。

ホテルにて

<相手> May I help you? ご用件を承ります。

<自分> I’d like to check in, please. チェックインをお願いします。

<相手> Did you make a reservation? ご予約は承っていますでしょうか?

<自分> I reserved a room for tonight. 今晩の部屋を予約しています。

<相手> Do you have a confirmation number? 予約確認番号はお持ちですか?

<自分> This is my confirmation paper. これが予約確認書です。

<相手> Please fill out this form and sign here. この書類を記入し、サインして下さい。

<自分> All right. 分かりました。

<相手> Do you need help with your baggage? 荷物をお運び致しましょうか?

<自分> I’ll carry my baggage myself. 荷物は自分で運びます。

レストランにて

<相手> Do you have a reservation? ご予約は頂いていますか?

<自分> We don’t have a reservation. 予約はしておりません。

<相手> How many in your party? 何名様ですか?

<自分> Four. Another person will join us later. 4名で、もう1名は後から来ます。

<相手> What would you like? ご注文は何になさいますか?

<自分> I’d like sirloin steak, please. サーロインステーキをお願いします。

<相手> How would you like it? 焼き加減はどういたしますか?

<自分> Medium, please. ミディアムでお願いします。

<相手> Anything else? 他に何かご注文はございますか?

<自分> I think that’s all for now. 今のところは以上です。

<相手> Can I get you anything else? 他に何かいかがですか?

<自分> Just the check, please. お会計をお願いします。

まとめ

今回は海外旅行の特定の場面ごとで使うことのできる英語のフレーズや会話例を簡単にご紹介しました。

実際に自分が海外旅行へ行った際の英会話のシミュレーションをしたり、イメージを持ったりすることはできましたでしょうか?

今回ご紹介したものは代表的なものばかりで、中には定型文のような多くの人に伝わりやすい表現もあります。

そういう意味では、フレーズごと覚えてそのまま使うのも良いと思いますし、多少単語を変えるなどのアレンジをして自分なりの言い回しを身に付けるのも良いと思います。

最も大切なのは、自分自身の英語で、自分自身の言葉で相手に思いや考えを伝えたいという気持ちだと思いますので、ぜひ色々な表現を覚えて英会話を楽しんで下さい!